良く噛めて美しく自然な義歯

毎日の食事は快適に、味わい深くしたいものです。また、自然な口元をつくり、お話しするためにも入れ歯は大切です。入れ歯を意識せずに食事や会話ができれば、気持ちも明るく自信もうまれてきます。

そのために、当医院では多くの新素材を取り入れています。当医院の金属を使った入れ歯は、薄く快適で、お口の中が広く感じます。食事の温かさや冷たさも味わいのひとつです。金属は温度を自然に伝えるので、おいしく食事をすることができます。

また、入れ歯の審美性が気になる方には、部分入れ歯を固定するためのバネを目立たないようにしたり、無くすこともできます。前歯などに金属のバネが見えることに抵抗がある方にはお勧めです。

入れ歯はあなたのすごす時間のすべてに必要なものです。当医院では より良く噛めて、快適で、そして審美的な義歯を目指しています。あなたの体に優しい入れ歯を選んでいただきたいのです。

金属床義歯 金属でうすく軽量で、装着感が良い 金属床義歯と金属の人工歯 装着感が良く、噛む効率がよい マグネット義歯 磁石の力で外れにくい
金属床義歯 : 金属でうすく軽量で、装着感がよい義歯 金属床義歯と金属の人工歯 : 装着感が良く、噛む効率がよい義歯 マグネット義歯 : 磁石の力で外れにくい義歯
バルブラスト義歯 歯にかかる金属が無く審美的 インプラント義歯 インプラントで義歯の固定を行う義歯
ノンクラスプ義歯 : 歯にかかる金属が無く審美的な義歯 インプラント義歯 : インプラントで義歯の固定を行う義歯

金属床義歯

入れ歯の人の大きな悩みに「話しにくい」、「味気ない」などがあります。その原因のひとつに厚み・材質があります。金属床義歯は違和感も少なく、食べ物の美味しさのひとつ「温かさ・冷たさ」をプラスチック床義歯よりも感じることができます。

金属床義歯の写真

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯は、薄く、軽く、今までの義歯にある「金属のバネ」がなく、美しく自然な口元が取り戻せます。

従来の義歯 バルブラスト義歯
従来の義歯 ノンクラスプ義歯

インプラント義歯

インプラント義歯は数本のインプラントに義歯の固定源を求める方法です。取り外し式ですが、義歯はしっかり固定され会話や食事中にはずれたりすることはありません。

インプラント義歯の内側 インプラント義歯対応に手術した口の中
インプラント義歯の内側には口の中の連結装置に接続される凹型の装置が埋め込まれています。 3本のインプラントが下顎に入っています。口の中には義歯の凸型の連結用装置(アタッチメント)が出ています。
患者さんのお口の中の状況とご希望によって、さまざまな義歯に対応しています。